渋谷の痩身専門クリニック エスビューティークリニック - S Beauty Clinic

成長因子製剤

各部位のしわ
若返り
再生効果

成長因子製剤の特徴

自然治癒力で美を活性!! 若々しく健康になる
植物幹細胞入りアンチエイジング用成長因子製剤

成長因子製剤

年齢を重ねると、肌はどうしてもしわやシミ、そしてたるみを生じてしまいます。
「成長因子」はコラーゲン増生により、肌にハリを出し刻まれたシワを改善します。
ヒアルロン酸の凹みを埋めて保湿してくれる効果とでは根本的に違いますので、他の注
入治療との併用も効果的です。

成長因子とは

◆健康維持と若々しさの要、細胞の誕生を担う物質

成長因子とは体内の特定の細胞の細胞分裂を促進するタンパク質 の総称で、別名「増殖因子」「グロスファクター」とも呼ばれています。
新しい細胞を作り出す「細胞分裂」の指令を司る因子のことを成長因子と呼びます。成長因子は体内で作られますが加齢ととも減少していき、10歳をピークに20歳を超えると急激に減っていきます。
成長因子が減る=細胞分裂が活性されないことにつながるためさまざまな老化現象を引き起こします。
見た目年齢を大きく左右する肌と髪は特に顕著で、肌の表皮細胞の細胞分裂が活性されないとシワ、たるみ、シミの原因なり、頭皮にある毛母細胞の細胞分裂が活性されないとヘアサイクルが崩れて抜け毛が増える原因になります。
成長因子は身体の内側から細胞の生まれ変わりを促進するので、健康維持に加えて肌や髪といった若々しさを保つためには非常に重要な物質です。

成長因子製剤

有効成分

◆EFG

お肌の表面(上皮)にある細胞の成長と、調節に重要な役割を担っている53個のアミノ酸と3つの分子内結合で形成されるタンパク質。お肌のシミやくすみ、たるみ、乾燥などの肌トラブルを改善して健康的なお肌へと導きます。

◆bFGF

一般的には創傷治療にも使用される成分です。
線維芽細胞、血管内皮細胞、表皮細胞増殖を促進するため、美容治療では顔、首などのシワやくぼみの改善に効果があります。

◆IGF-1

「インスリン様成長因子」と呼ばれ、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの生成を促進する働きがあります。
細胞の成長を促進し、健康な皮膚の生成を助けてくれます。

◆KGF-1

ケラチノサイト細胞の成長を活性化します。
ケラチノサイトは表皮の約80%を占める成分で、皮膚の水分保持やバリア機能を維持するための重要な役割を果しています。
また、コラーゲン生成を増殖し、表皮の成長としわの防止に働きます。

◆VEGF

血管の新生を促進する作用を持ちます。
また、表皮の細胞成長、脈管形成などの促進や、アポトーシス(細胞死)を妨げる効果が期待できます。

◆NGF

表皮神経細胞を刺激する効果があります。
肌や髪の成長は神経システムによってコントロールされることもあるので、肌年齢の若年化や髪の増毛に重要な要因となります。

◆PGF

「プラセンタ グロースファクター」の略です。
有用な美容成分であるプラセンタの効能で、しわの形成を防ぎ表皮の傷をリカバリーします。

◆AQP

肌細胞の保水レベルを増加させる働きにより、潤いを保ちやすい肌質への改善が見込めます。

◆SCF

「幹細胞増殖因子」と呼ばれ、肌や髪の毛を作るのには重要な役割を持ちます。
シワを改善したり毛母細胞を活性化する等の働きがあります。

◆SIRT1

ケラチノサイトと繊維芽細胞の増殖と存命を促進します。
アンチエイジング、抗しわ、傷の修復に効果的であり、健康な肌細胞を維持して外因ストレス耐性を助けます。

トリートメント部位

法令線・口角のしわ・ホホの小じわ・額のしわ・ほくろ除去後の凹み・水疱瘡の痕の凹み

こんなお悩みを持つ方におすすめします

◯目元のしわ、たるみが気になりだした
◯シミ、くすみ、ニキビにが気になる
◯小ジワ、毛穴の開き、たるみが気になる

治療プラン例

約1ヶ月の間隔をあけて3〜4回の治療がお勧めです。

施術料金

1cc ¥25,000
2cc ¥49,800
3cc ¥60,000

ブーケ